Altium Designerとは?

Altium Designerをこれから使用される方へ
フォーラムルール
ここでは閲覧のみ可能です。このサイトに関するお問い合わせは、こちら までお願いします。

Altium Designerとは?

未読記事by SAdmin on 2010/2/17 22:02

Altium Designerアルティウム デザイナー)とは、電子機器設計に必要なデザインツールが
統合(統一)環境下で動作するソフトウェア(EDAツール)です。

Altium Designerは、オーストラリア(シドニー)に本社がある Altium Limited が開発・販売しています。
日本では、アンビル コンサルティングを含めた販売代理店でご購入頂けます。

Altium Designer を使用することで、回路図入力(デザインエントリ)、PCB(プリント基板)設計、
FPGA開発が行えます。

設計機能だけではなく、回路シミュレーションやシグナル インティグリティ(伝送線路解析)による
デザインの検証や製造用のデータを検証・編集する為のCAM編集ツールも用意されています。
また、FPGA開発では、デザインIPや仮想測定器の他、組込みソフトウェア開発用のコンパイラ、
デバッカも装備されています。

各機能の概要については、こちらをご覧ください:
SAdmin
管理人
 
記事: 922
登録日時: 2009/5/30 08:39

最新バージョンについて

未読記事by SAdmin on 2012/5/28 17:19

Altium Designer は、Designer 6がリリースされた後、Summer 08, Winter 09, Summer 09,
Altium Designer 10 とメジャーバージョンアップが行われています。

Altium Designer 10 がリリース後、18回目のアップデートがリリースされた後、
(2012.5.1より)Altium Designer 12 へと移行しています。

AD12startup.jpg
AD12(AD10 18回目のアップデート以降)の起動画面
AD12startup.jpg (34.76 KiB) 表示数: 44318 回

これに関する経緯については、以下のリンクにて紹介していますのでご覧ください:

また、2013年2月1日に Altium Designer 2013 がリリースされました。2013のリリースノートは、
以下のリンクをご覧ください:
AD2013_Startup.jpg
AD2013_Startup.jpg (22.27 KiB) 表示数: 43350 回

以後、2013年10月21日に Version 14 が、2014年11月17日に Version 15、2015年11月10日に
Version 16 が リリースされています。

各バージョンのリリースノートは、以下のトピックをご覧ください。
SAdmin
管理人
 
記事: 922
登録日時: 2009/5/30 08:39

製品ラインアップ(ライセンス オプション)

未読記事by SAdmin on 2013/1/08 11:17

Altium Designerでは、バージョンによって名称が変更されることがありますが
現在は、
  • Custom Board Front-End Design(基本セット)
  • Custom Board Implementation(拡張セット)
という2種類の製品(ライセンス オプション)が用意されています。

両者の一番大きな違いは、基板設計機能の有無になります。
また、製品には、永久ライセンスと期間限定ライセンスが用意されています。

製品価格や搭載されている機能は、下記のページを参照してください。
http://www.anvil.co.jp/main/web2-5.html
SAdmin
管理人
 
記事: 922
登録日時: 2009/5/30 08:39

ライセンス タイプ

未読記事by SAdmin on 2013/1/08 11:28

Altium Desginerには、次の3つのライセンス タイプが用意されており、購入時に指定ができます。

  • オンデマンド(on-demand)
  • スタンドアロン(standalone)
  • プライベートサーバー(private server)
オンデマンド
    オンデマンドは、インターネットを介してAltiumのライセンス管理サーバーに接続し、
    製品を使用できる状態にします。
    オンデマンドでは、ローミングと呼ばれるモードで使用することができます。
    ローミングモードでは、オフライン(インターネットに接続しない)状態で製品を使用できます。
    外出や出張などでインターネットに接続できない場合は、このモードで使用します。
スタンドアロン
    スタンドアロンは、取得したライセンスファイルを登録することで製品が使える
    状態になります。こちらもオフライン(インターネットに接続しない状態)での使用が
    可能です。
プライベートサーバー
    プライベートサーバー は、以前のフローティング ライセンス に相当する方式です。
    ライセンスサーバーとなるPCに、ライセンスサーバープログラムをインストールし、
    そこからAltiumのサーバーにサインインしてライセンスを取得します。
Altium Designer を使用するクライアントPCは、(ユーザーが設置した)ライセンスサーバーへ接続し、
ライセンスを取得しますので、クライアントPCからのAltiumのサーバーにサインインする必要は
ありません。(アップデートを行う場合は、サインインが必要です。)

注意
    各ライセンスタイプ間の切り替え(プライベートサーバーからオンデマンド、
    スタンドアロン(など)への切り替えは、ユーザー側で行えませんので開発元への申請が
    必要です。変更に際しては、費用が発生する場合がありますので、詳細はお問い合わせ
    ください。
SAdmin
管理人
 
記事: 922
登録日時: 2009/5/30 08:39


Return to Getting Started

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]